【戯曲/演出/構成】

小栗剛(qui-co.)

 

【出演】

佐藤健士(キコ/qui-co.)

東澤有香(キコ/qui-co.)

藤原薫(十七戦地)

川上憲心(劇団風情)

柘植裕士

林愛子

家田三成

 

 

吉田能(あやめ十八番、花掘レ)

エリカ(BLASH)

 

and more!!

(オファーとオーディション合格者含め 全20名前後を予定)

 

 

【スタッフ】

舞台監督:吉倉優喜

照明:小林愛子

音響:杉山碧(La Sens)

舞台美術:平山正太郎(Centreline Associates)

メインテーマ:「valkyrie(仮)」by エリカ(BLASH)

制作:サリバン・レコード

 

【劇場】 

座・高円寺 2 

http://za-koenji.jp/guide/index.html

 


【タイムテーブル】 


2018

52日(水) 19:00
53日() 12:00/17:00

 

 

料金  

前売 3,000

  当日 3,500  

中高生 1,500円(前売/当日)

本公演は演劇グループ「キコ/qui-co.」の第10回目の本公演となります。

1.「地図にない町」を舞台に、「遊女」と「女衒」の話を「現代的」に描きます。

2.「音楽」をフィーチャーした作品になります。「生演奏」が演出の軸となります。

テーマは「 幻想 」。
キコ/qui-co.の旗揚げ公演「はなよめのまち」がベースになっています。少しだけ匂いが似ています。

 

 

■鉄とリボンにおけるスケッチ(あらすじに代えて)

 

 

 物語は渋谷区のライオンズマンションの一室から始まる。

日曜日。訪れた春の静寂の匂いを嗅ごうとサッシ窓を空ける。築30年のマンション。錆びたレールは金切音を立て重くひっかかかる。無意識の脳裏にストレスが蓄積する。窓を開けるのはそこでやめた。中途半端に開いた空間から暖かな排気ガスの匂いが舞い込む。二日酔いの頭に痛みが走る。

 

 彼女の名は、ナギ。記憶がない。

彼女のくちびるは乾いている。上のくちびると下のくちびるが幾度か接触しては音を奏でる。

それは歌だった。

男がナギの声を聞いたのはそれが初めてで、その歌について尋ねるとナギはこう答えた。

 

 「はなよめ。」

 

その単語を口にすると、ナギの全身から汗が噴出した。どうして泣いているのかは本人もわからない。フローリングには水溜りができた。まるで産声のような泣き声をあげた。

ナギの眼球は中空を見ている。

どこからともなく、ひとひらの桜の花びらが部屋に舞い込みナギの眼前を横切った。またくちびるは歌を唄った。今度ははっきりと。

 彼女の脳が痛烈な追憶を始めたのだ。

 

 この物語は彼女が「はなよめ」だった時代の記憶である。

場所は、小さな、暖かな島。地図に無い町。

そこには、町の規模にはそぐわない巨大な神社がある。

正午には必ずサイレンが鳴り、皆立ち止まり黙祷を捧げる。

繁華街がある。小さな遊園地や劇場もある。

漁業も農業も無い。産業がないのに娯楽だけがある。

そう。この町の特産品こそ「はなよめ」。

特権階級の人間のために教育された「はなよめ」は秘密裏に売買され、この町を出て行く。そして誰一人として二度と戻ることはない。

 
 彼女が町に生きたかつての日常。

 それはまるで幻想のようだった。

町は歌にあふれ、下駄の音がそこかしこに乱れる。

人々は夜を愛し、朝を憎んだ。

夕闇に輝きだすわたしたちの生命活動。

橙色の提灯が、わたしたちの裸足をお社に導くの。

赤いりんご飴を齧りながら、わたしたちは少女でなくなったの。

死に物狂いで逃げた時、前を走るあなたのお香に汗と血の匂いが混じっていたの。

 「わすれないでね」

みんなそう言って、いなくなってしまったの。

なのにわたしは忘れてしまう。

田んぼは水が張られてキラキラのあぜみち。誰もいない道にオルガンが置かれている。季節の風が吹くたびにオルガンは勝手に鳴るから。

おもいだしてね。わたしを。うたうあなたのこえは。だいすき。

 

 あまりにも優しく

 あまりも残酷な少女達の脱出劇。

―「鉄とリボン」