■ワークショップ概要

【対象】俳優、脚本を書きたい方、小栗剛作品に興味ある方

■講師紹介:
小栗剛(キコ/qui-co.)
脚本家、演出家、詩人、俳優。中卒。
2010年、自身のアートプロデュースユニットとして「キコ/qui-co.」を始動。
演劇の公演を活動の主とする。全作品の脚本、演出を手がけ、自らも出演をする。
サスペンス、サイコ、SF、ホラー、ラブストーリー、神話、コメディ、ほぼすべてのジャンルを詩的手法で中高生にも伝わる世界観に纏め上げる感性と手腕で近年若年層を中心に熱烈なファンを増やし続けている。
佐藤佐吉演劇祭2010「ウラの目と銀杏の村」にてゴールデンフォックス賞受賞。
2013年にはジャニーズ事務所主導の舞台作品にも脚本で参加。オリジナルの戯曲を寄稿。

 

【内容】

「脚本の書き方」をやさしく基礎から応用までレクチャーします。

☆役者さんには…

脚本がいかに書かれていくかを知ってもらう中で、
・読解のコツ
・言葉を自分のものに
・視野を広げる
これらの感覚を掴んでもらうワークショップです。

☆脚本家、もしくは脚本を書きたい人には…
「多重構成」「逆再生」「同時多発」「音楽ハメ」など舞台では禁じ手とされる脚本を多々書いてきた講師小栗です。
面白い脚本を書く事に必要な
・技術力
・発想力
・魂の乗せかた
これらを発展させる感覚を掴んでもらうワークショップです。
「書きたいんだけどどう書いたらいいかわからない」など確実に打破する熱い内容になる予定です。

☆小栗剛作品に興味のある方
ただ単純に「キコ作品どうやって作ってるの?」というご興味での参加もOKです。
小栗作品がどのように書かれるのかを知ってもらう中で、いままでに思い入れのある作品が一層好きになり生活が豊かになります。

■講義内容
○ベーシック編
1.脚本の立ち上げ方
→タイトル、キャッチコピー、宣伝文、企画書作成

2.脚本の組み立て方
→構成パターン、プロット、伏線、どんでん返し

3.脚本の終わらせ方
→ラストシーンはパターンが決まっている

○応用編
1.ゼロをイチにする
→発想をするための生活。芸術としての基本スタイル。

2.仕掛けの数々
→観劇者の感情を操作するための数々のギミックについて。

3.台本カット法
→不要なシーン、セリフをカットする。本ワークショップの一番の肝かもしれません。

■日時:
2018年
2/24(土)18:00~21:00
2/25(日)14:00~21:00

■場所
都内(応募者のみにメールでお知らせします)

■料金:
2,500円

■応募方法

下記フォームよりお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S82606572/

 

楽しくやっていこうと思っています。ご興味あるかたはお気軽にお申し込みください。