※定員に達したため締め切りました。
追加日程をご参照ください。→ http://qdpworks.xrea.jp/qui-co.net/?p=3469



キコ/qui-co. 5月本公演「鉄と珈琲」★出演者ワークショップオーディション★

【対象公演】
キコ/qui-co. 10th serenade

「鉄と珈琲」

作・演出・構成 小栗剛
2018年 5/2(水)~5/3(木)全3ステージ
@座高円寺

【過去オーディション合格実績】
2014年7月『神の左手』出演者11名中 6名
2016年5月『ラット13』出演者13名中 7名
2017年5月『Lullaby』出演者15名中 6名
2017年12月『神の左手:coda』出演者11名中3名

今回は10名前後の合格を見込んでおります。
音楽要素が強くなる予定なので音楽ができる/好きな方、
もしくは若者をとても必要としています。

■応募資格

・心身ともに健康な方。
・音楽要素の演出に応じてくださる方。
・できなそうなことでもとりあえずチャレンジしてくださる方。
・2018年3月上旬~本公演の稽古に参加できる方。
※稽古期間のNGなどは出演決定後、ご相談ください。
※ギャランティはチケットバック制です。有料入場1枚につき最低300円。目標動員達成時にはレートが上がります。
※演技経験が全くのゼロの場合、書類選考にてお断りさせていただく可能性がございます。

■【オーディション開催日程】
2018年
1/26(金)18:00~21:00頃
1/27(土)14:00~21:00頃

・原則的に2日間ご参加いただけることを条件とさせていただきます。

■オーディション内容
・小栗剛の戯曲を読み、演技していただきます。
・質疑応答を少々行います。

■会場
東京都内
(ご応募頂いた方にメールでお知らせいたします)

■参加費
2,500円

■応募方法 ※※必ず2点ご確認ください。※※

①以下の【記入プロフィール】を記入してください

②顔と全身のわかる写真を1枚ずつ、計2枚添付してください。

送信先→ info@qui-co.net

【注意】返信はGmailのアドレスから送られますのでフィルター設定等ありましたら解除をお願いいたします。

【記入プロフィール】

名前:
性別:
年齢:
所属団体(もしくは事務所):
※所属している場合のみ
近年の主な出演作:
備考:

■応募締め切り
1/20(日)23:59

※定員に達し次第、締め切らせていただく場合がございます。お早めにご応募くださいますと幸いです。

お待ちしております。

【「鉄と珈琲」ストーリー】

雨上がり。
あぜ道に足踏みのオルガンが置かれていた。
古びた鉄製の体は、春の風に吹かれている。
線路の反対側にナギはいた。
このまま待っていたらあの風でオルガンがなるんじゃないかしら、なんて莫迦げた事を思っていた。

繁華街を走る少女は、ナチ。
珈琲を盗んだ彼女は、必死に町の外へ逃げようとする。
逃げられるはずがないのに。

この町の特産品は「はなよめ」。
この町に生まれた少女は教育を施され、「はなよめ」となって売られていく。
この国の特権階級の人間のために作られる、特別な「はなよめ」。
まちは夜明け、堕ちてきた藍色に濡れる。
旋律のような喜びが、まちの女達を触発する。
オルガンの音がどこからか漏れてきた。女たちが生命活動を始める。土手の上を歩く花嫁たちに、農家の男たちが手を振る。
決して触れることの許されない、汚れた手が橙色の光で煤けている。

看護婦たちが笑っている。
春祭りが近い。
ナギは、これが最後の春祭りになるかもしれないと感じていた。それは誰にも言わなかった。
本当に本当の最後まで、言わなかった。

わたしたちの肌は、いつか破けてしまう。
ぼくたちは飛び散ったあたたかな飛沫を浴びて、大人になるんだ。指が5本では足りない。弱い。

ぼくは(わたしは)離れることのない手が欲しい。

キコ/qui-co.がふんづまった現代に捧げる2018年新作公演。

会話劇と生音楽の融合で、
誰も見たことのない幻想を暴力的なまでに叩きつけます。