演劇グループ キコ/qui-co.のサイトです。

Latest

defrost

O.V.L+E 小鶴

×

キコ/qui-co. 小栗剛



ただいまtwitterにて公開中!!

「defrost」

@saltymoon0546
https://twitter.com/#!/saltymoon0546

@masami_0117
https://twitter.com/#!/masami_0117

閲覧しやすいリスト
https://twitter.com/#!/list/quico_utd/defrost

フォローして体感してください!


10月公演「Live forever」公演に先駆けてweb公開する本編のスピンオフweb小説。
同い年の男女脚本家による相互一人称、オルタナティヴ・ノベル。
日常を互いの一人称ビューで丹念に編み上げます。
1995年。
レディオヘッド「パブロ・ハニー」を聴きながら、岡崎京子の「リヴァーズ・エッジ」を読んでいたあの頃。
あの頃私たちはまだ高校生で、神戸のアスファルトの上に足をのっけることにさえ、
すこし浮ついた気持ちになっていた。

時間は経って。時代は変わって。
僕たちは大人になった。
いろいろあるけど、日常を暮らしている。ぼくたちには日常がある。
つまり、すべてがあるということ。

でも

もしかしたら私たちに必要なのは、
いかれてるくらいに古びたソウル・ミュージック。ブッカー・Tの可愛い笑い声。
いつの日からか、渇いて凍りついたカラダの中の何かを解凍する(=defrost)
ささやかな熱だったのかもしれない。

わかってた。

少なくとも、
あなたはわかっていたんだ。

 

キコ

キコ/qui-co. 

キコ qui-co. は、

小栗剛のアートプロデュースユニット。演劇公演を活動の主軸とする。

2010年3月始動。

 

【イメージカラー】ブルー/オレンジ

青と橙の色は夕刻時の地平の色彩。夕刻を「黄昏」=「トワイライト」=「逢魔が時」と表現することや、清廉さと刹那さが入り混じる美しい情景描写、相反する残酷性など、キコ作品の様々な要素を象徴した色彩であることから、イメージカラーとして採用。

 

 

【作風】

「幻想を現実的に描く」

のがキコ qui-co.の作風。

 

テーマは「神話の造成」という。

これは世界中の民間レベルで伝わる「神話(民話)」と、一般市民の「日常」を掛け合わせることによって現代における新たな感触の神話=「あなたの身にも起こりうる神話」を造成しようという取り組みである。

 

要素として「土着」をキーワードとしたものが多く挙げられる。

デビュー作「はなよめのまち」や、演劇祭受賞作「ウラの目と銀杏の村」では、

「どこかにわすれられた集落」という架空を舞台に、幻想とリアリズムの紙一重の世界観をリリカルに描き、設定に日本古来の差別要素を多く含ませ、人間のおぞましさを過剰なぶつかり合いで体現させた。

詩情に疾走を重ねたスクリプトと、サブカルチャー的要素を散りばめながら世俗性を孕む情景描写で、日常性を浮遊させ特殊な存在として祀り上げ、キコ固有の世界観の造成に成功した。

また、コンテンポラリーダンス的アプローチの身体表現も用いる。

野田秀樹作品や唐十郎作品、桟敷童子作品を引き合いに語られることが多い。

 

 

 

はなよめのまち

キコの旗揚げ公演です。
肌を破かないで出血するような、鼓膜を揺らさないで脳震盪を起こすような、性交を用いず妊娠するような、五感や生の理を狂わす演劇。
禍々しくも美しく、可愛らしい「はなよめ」たちのお話です。
10年代の始まりにふさわしい幻想がここにはあります。

【ストーリー】
1984年。人々がまだ、世界はひとつだと夢を見ていられた時代。

舞台は、はなよめのまち。

戦後、進駐軍の管轄から隠すように廃線となった線路がある。
途切れた線路の先を勇気と共に歩み、ふたつほど山を越えると、やがて、かつては駅として機能していた社(やしろ)がある。三本足の鳥居をくぐり、あぜ道を辿れば大きな旅館が見える。

地図に無い町。はなよめのまち。

この町の特産品は「はなよめ」。
この町に生まれた少女は教育を施され、「はなよめ」となって売られていく。日本の特権階級の人間のために作られる、特別な花嫁。
まちは夜明け、堕ちてきた藍色に濡れる。
旋律のような喜びが、まちの女達を触発する。
ピアノの音が坂の上から漏れてきていた。女たちが生命活動を始める。土手の上を歩く花嫁たちに、農家の男たちが手を振る。
決して触れることの許されない、汚れた手が橙色の光で煤けている。

看護婦たちが笑っている。
春祭りが近い。
ナギは、これが最後の春祭りになるかもしれないと感じていた。それは誰にも言わなかった。
本当に本当の最後まで、言わなかった。

わたしたちの肌は、いつか破けてしまう。
ぼくたちは飛び散ったあたたかな飛沫を浴びて、大人になるんだ。指が5本では足りない。弱い。

ぼくは(わたしは)離れることのない手が欲しい。

作・演出 小栗剛

【CAST】

堀奈津美(DULL-COLOREDPOP)
東澤有香
如月萌
佐藤健士
酒井和哉
木下祐子
吉田小夏(青☆組)
田中のり子(reset-N)
千葉淳(東京タンバリン)
木村友美
三枝貴志(バジリコ・F・バジオ)
サキヒナタ

小栗剛(キコ/qui-co.)

【舞台監督】桑原淳
【照明】ミゾカミクニコ
【音響】井出”PON”三知夫(La Sens)
【美術】松本謙一郎
【衣装】萩野緑
【映像/宣伝美術】荒船泰廣(sushi film)
【宣伝写真】堀奈津美(*rism/DULL-COLORED POP)
【振付】如月萌
【劇中音楽】yusuke kamijima
【制作】北澤芙未子(DULL-COLORED POP) 、赤羽ひろみ

【協力】
(株)エムマッティーナ、DULL-COLORED POP、青☆組、reset-N、東京タンバリン、バジリコ・F・バジオ、sushi film、La Sens

coming

Live forever

2011.10.26(木)-30(日)


1995.1.17 AM5:46

やがて聞こえてくるのはヘリコプタの爆音。
舞い上がる粉塵。青く明け始めた朝の空。
血まみれのパジャマ。さっきまで生きていた誰かの返り血。
カヨが空を見上げる。
一層大きくなるヘリコプタの羽音。
「あれはね、大きな虫なの。私は捕食される。」
カヨはつぶやき続けるが、その声は爆音にかき消される。
彼女の裸足が歩き出す。
火災で解凍されたアスファルトを、しっかりと踏みしめながら。


1995年、神戸の物語。

阪神タイガースの選手が、知的障害者である自分の弟のためにとある施設を設立した。彼の愛人を管理人にしたその施設は「ハウス」と呼ばれ、近隣の芸大生や関西地区で活動するア-ティストが居住した。
居住者たちは共に芸術を作った。
ハウスには、あたたかで純粋で、だけども研ぎ澄まされて凶暴な芸術が存在した。それは彼らにとって幸せと呼ぶことのできる環境だった。
やがてマスコミの人間が関わり、すこしずつ状況は変わっていく。
ある日、タイガースの選手の本妻が押しかけて、歌を歌った。
揉め事は絶えないけれど、そこで生活はあぐらをかいて座っていた。


「あの巨大な昆虫にすべてを奪われてしまうまで
わたしたちは永遠に生きていられる気がしていた。
焼け跡の上で抱き合ったカラダには
まるで虫のように小さくて単純な力がうずいていたんだ。
誰かの笑い声で、町がまだ揺れている。
神様かしら。
かまわない。
さあ、おいで。わたしたちの

命を笑え。」

—————————————
キコによる、90年代を描くシリーズ「serie the generation No.9 」のファーストドキュメントレポートです。
あの時、神戸に生きた人間たちの面白おかしくて凶暴で馬鹿みたいにやさしいおはなし。
どうか、充分な水分を補給した上でご来場ください。
あなたが清らかに発汗して家路に着きますように。

2011.10.26(木)-30(日)

【キャスト】

小栗剛(qui-co.)

菅野貴夫(時間堂)

桑島亜希

サキヒナタ

櫻井智也(MCR)

佐藤健士

武井翔子

百花亜希

吉田能(PLAT-formance)

(五十音順)

【会場】

SAiSTUDIO大山第一

東京都板橋区大山東町19-1

03-5375-3880(公演期間中のみ)

 出口:東武東上線大山駅北口。池袋方面からは降りたホームの反対側に渡る。

【タイムテーブル】

2011年10月26日(水)-30(日)

26(水) 19:00☆

27(木) 19:00

28(金) 14:00★/19:00

29(土) 14:00/19:00

30(日) 15:30

全席自由席

未就学児童入場不可

受付開始・開場は開演の30分前

開演5分前までにお越しいただけない場合、ご予約が解除されることがございます。

☆…プレビュー公演

★…アフターイベント有

 

【チケット】

前売 2,800円

当日 3,200円

プレビュー 2,500円

高校生割引 1,500円

チケット1枚につき300円を、東日本大震災への義捐金として寄付いたします。

 

【チケット発売日】

2011年9月24日(土)

【チケット取り扱い】
携帯からの予約はこちらをクリック!


CoRich舞台芸術!
FX比較
FXブログ
通販ショップ

e-mail:info@qui-co.net
代表者名、希望日時、人数を明記の上、送信ください。
確認メールが届いた時点で予約完了となります。

TEL:090-5560-9843(制作・浅見)

 【スタッフ】

演出助手/ドラマトゥルク オノマリコ(趣向)

演出助手 鎌田みさき、鳥越永士郎(劇団けったマシーン)

舞台監督 丸山大介

舞台美術 松本謙一郎

照明 南香織

音響 杉山碧(La Sens)

映像 荒船泰廣

スチール撮影 イトウヒロシ

宣伝美術 Oguri United Design Works

WEB小説企画協力 小鶴(O.V.L+E)

制作 浅見絵梨子(qui-co.)

制作協力 大森晴香

 【協力】

アトラプト‐カンパニー、時間堂、MCR、PLAT-formance、ペピン結構設計、趣向、O.V.L+E、touch my brassiere? company、La Sens、sushi film、舞台美術研究工房六尺堂、劇団けったマシーン

 【お問い合わせ】

TEL:090-5560-9843(制作・浅見)

e-mail:info@qui-co.net

HP: http://www.qui-co.net/

一層大きくなるヘリコプタの羽音。

Contact

キコでは、公演や活動に携わっていただける方を広く募っております。
また、小栗剛への
台本執筆、役者オファー、フットサル助っ人などその他なんでも広くご注文承っております。
お気軽にお声掛け下さい。
we’re Open!

【お問合せ】
info@qui-co.net

各種お問合せはこちらにご連絡ください。

【メルマガ】
『ibaraki rain ~裏筑波より愛を込めて~』

・チケット先行予約情報
・劇場公演以外のイベント情報
・ここでしか読めない小栗剛やキコ・スビサレータ(キコ広報担当)による読みもの

などなど、お得な情報を不定期に配信いたします。
上記メールアドレスに「メルマガ希望」とだけ書いて送信下されば、
登録完了となります。
なにとぞ、よろしくお願いいたします。